福岡彩日記/カラーダイアリー

福岡の親と子の間をとりもつ潤滑油としてのカラー・色彩の話題を綴るブログです。時々福岡の地域ネタ、時々福岡の教育、時々福岡の女性のパーソナルカラーやファッションタイプ、色彩心理にについて書かせていただいてます。

パーソナルカラー診断で失敗しない方法

f:id:nabehy:20171028203148j:plain


確かに人が行うパーソナルカラー診断、100%正解はありませんが、
可能な限り、カラー診断を受ける場合、失敗しない方法とヒントはあります。

(1)パーソナルカラーリストや、イメージコンサルタント、カラーコンサルタント
カラー診断は実施してくれる方も色々ですが、カラーのプロに依頼することが必須。
プロのパーソナルカラーリストや、イメージコンサルタント、カラーコンサルタントを探すことが賢明です。

(2)カラー診断はメイクを取って行うカラー診断であること。
一部落とせば良い、薄いメイクなら良い、…は、結局カラー診断自体を誤る可能性がかなり高いので、受けても無効です。今時のファンデやコスメはとてもよくできていて、そのものの色に影響を受けること必至です。

(3)カラー診断イベントであれば、マンツーマンであること、メイクを取って行うこと、普通の店舗や貸しスペースの照明でなく、適正なちゃんと説明してもらえるカラー診断ができる照明であること。自然光が入る場所は必要で、時々見かける耳にします、夜間のカラー診断は普通成立しません。

(4)短時間のカラー診断でないこと。カラー診断は慎重な分析が必要です、短時間ではできませんので、短時間でできる時短カラー診断や、簡素化されたカラー診断は受けないことです。

(5)カラー診断が夜間に行われているなら、どのような理由で夜間でも可能かカラーリストに尋ねる必要があります。一般的な環境では、パーソナルカラー診断は夜間にはできませんし、また行いません。

              

しかし、標準光アシストライト使用の場合は夜間でも自然光と同じように診断可能です。

 

                イルド クルール代表 松元先生コラムより抜粋

選挙ポスター 〜色の持つ力〜 

 明日は、福岡県知事・県議会議員選挙です。

桜吹雪の中の選挙戦。そんな風景に混じった選挙ポスターが目につきます。

 候補者の公約や人柄で投票することが一番良いと思いますが、県民全てが候補者一人一人の人となりを把握して選挙するとこは不可能です。

 

そこで、選挙ポスターの印象というのも大きなウエイトを占めてきます。

下の写真は、三重県女性候補者の3種類の選挙ポスターです。

f:id:nabehy:20190406212350j:plain

 同じ写真に背景や文字の色を変えただけですが、顔色や雰囲気も若干変わってきます。オレンジの背景は温かみのあるイメージ、緑の背景はクリーンなイメージ、だけど、顔色が悪く見えます。白は清潔なイメージ、だけど、無彩色なためインパクトが弱い。候補者がどんなイメージを打ち出したいかで背景の色や配色も変わってきます。

 

 福岡の今回の選挙ポスターを見ているとあまり色の力を利用している方は少ないようですが、色の持つパワーは意外と侮れないのです。

 

 さて、明日はどのような結果が出るのでしょう。

 とりあえずは、候補者の方々お疲れ様でした。

4月1日 令和元年に決定!

f:id:nabehy:20190401223141j:plain


 学校関係者にとって4月1日は毎年、特別な日であり、慌ただしく1日が過ぎていく

日でもあります。

 今年はその日に新元号の発表と重なり、さらに、特別感が増しました。

 

 平成の発表の時は、昭和天皇崩御という出来事とほぼ同時に行われたので、

今日のようなイベント的な感じはしなかったように記憶しています。

何となくひっそりと、淡々と平成という元号に変わっていったように思います。

 

色々な発表の形があるとは思いますが、今回のようにみんなが心待ちにし、

元号ととも国民が新しい時代の始まりに希望のもてるこのような形も

なかなか良いなあと感じています。

 

令和という時代が、平和で幸せな時代になることを願いたいと思います。

 

 

スーツは黒だけではありません!

f:id:nabehy:20190325200920j:plain

 

 3月、4月はスーツ姿の若者が目立ちます。

いつの頃からか、大学に入ったら黒のスーツ。就活はみんな黒のスーツ。

しかも、デザイン性など無視したものばかり。

 

その勢いで、就職しても同じスーツで仕事に行きます。

就活の時は仕方ないにしても社会人となったら

学生時代と同じスーツではダメでしょう!

黒は万人向きのように思われがちですが、やはり、ウインターの人以外は、

キツくみられてしまいます。

 

 会社によって規定があるかもしれませんが、毎日着ていくスーツこそ

自分のパーソナルカラーの基本色を選んでみてはいかがでしょう。

 

ブルーベースなら紺色、グレーで種類もたくさんあります。

イエローベースの方もベージュ系がOKならばそれがベストですが、

紺色やグレーもイエローベースよりのものを選ぶとずっと素敵になります。

同じ紺色やグレーでも素材で色の出かたも変わってくるので、まずは、試着して

選んでみてください。

 

あと、スーツはサイズ感で雰囲気が変わってきますので、

サイズの微調整もお忘れなく。

 

2、3着目のスーツこそあなたの名刺がわりになりますよ!

ターコイズブルー使えます!

 

f:id:nabehy:20190316222738j:plain      ターコイズブルーのペンダント。 

買った時は、右のように鮮やかだったのですが、ヘビロテのため左のように変色し、

冴えない色になってきたので、石の交換をしました。

 

ターコイズブルーは、オータムの方以外は合わせられる色なので、重宝します。

ウインターの私は、黒のセーターにこのターコイズを使うのが好きです。

高価なアクセサリーではありませんが、使用頻度も高くなり、石を変えてまで使おうと思いました。

 

 最近は石専門店に行けば、アクセサリー用に穴が空いた石がたくさんなるので、

自分でも簡単に取り替えられます。

やはり、パーソナルカラーにあったアクセサリーは無駄がありませんね。

 

心浮き立つ3月! 新しい自分を発見してみませんか?

f:id:nabehy:20190303093154j:plain

イメージコンサルの最新講座(ブラッシュアップ)にいってきました。

 

 先日、NHKの朝の情報番組「あさイチ」でパーソナルカラーについての特集があり、

最近、問い合わせも多くなってきているようです。

 私が今までパーソナルカラー診断をして思うことは、パーソナルカラーだけを知っても生活の中に活かせていない方が多いということです。

 

私もそうでしたが、ブルベ?イエベ?が分かり 一番似合う色が知って

じゃあそれをどのように活かていくのか?が、みなさん一番知りたいところなのです。

ある人は、メイクに活かしたい。ある人は、ファッションタイプに活かしたい。

それぞれ、素敵な自分になるために診断に来られるのだと思います。

 

Aパーソナルカラー 診断→Bメジコンサル→Cメークレッスン→Dワードローブ計画

 

 ABCD全てとまでは言いませんが、少なくともABまでコンサルしてもらえれば、

自分でも納得のいくスタイルが完成できると思います!

 

3月になりました。新しい自分を発見してみませんか?

シニア世代こそ パーソナルカラー2 〜すぐ死ぬんだから〜

f:id:nabehy:20190224195417p:plain

今書店で、樹木希林さんの「一切なりゆき」の本の次に売れているのが、内館牧子さんの「すぐ死ぬんだから」という小説です。新聞の書評を読んで、主人公と自分が似ているところがあり、購入して一気に読んでしまいました

 

主人公のハナは、78歳という年齢だが、実年齢に見えない努力をしている華やかな女性です。華やかといっても若作りするのではなく、肌の手入れ、ネイル、髪の毛にも気を使い 上品なオシャレを心がける60代にしか見えないご主人自慢の奥様です。

 

そんなハナさんにも夫の突然死、不倫などいろいろなことが降りかかって、気持ちが落ち込みオシャレに興味を失う時期が来ます。しかし、うつに近い状態から気持ちをあげてくれたのもオシャレの力でした。

 

この本が人気になっているのは、ハナさんの生き方が多くの人が共感でき

実践してみたいと思うからではないでしょうか。

 

シニア世代こそ、パーソナルカラーを知り、明るいカラーを身につけてテンション上げていきましょう! どうせ みんな 早かれ遅かれ 死ぬんだから🙂