福岡彩日記/カラーダイアリー

福岡の親と子の間をとりもつ潤滑油としてのカラー・色彩の話題を綴るブログです。時々福岡の地域ネタ、時々福岡の教育、時々福岡の女性のパーソナルカラーやファッションタイプ、色彩心理にについて書かせていただいてます。

明日は何着よう? 〜先生の服装〜

 

f:id:nabehy:20181118195330j:plain

 この写真の日は、授業参観日。いつもよりきちんと感を出した服装で登校しました。

しかし、紺、黒一色スーツはできるだけ避けるようにしています。

紺、黒は無難かもしれませんが威圧感を与えてしまいますので、

同じ先生を毎時間見る子どもたちにとっては、辛いですよね。

 

 近頃の若い先生は、教育委委員会からの指示なのか、黒のリクルートスーツばかり着てきます。学生じゃないんだからもう少し気を使ってもいいいんじゃないでしょうか?

 

 私ごとになりますが、私が小学校の先生を目指した理由の1つは、小学校6年生の時の担任の先生が毎日素敵な服装をされていたことです。

自分の母親と同じ年齢にも関わらず、フレアースカートや花柄のカーディガンを着られていて、子どもながら学校の先生って毎日あんな格好ができるんだと思っていました。

45年前の女性の先生は、きちんとしたおしゃれなスーツを着こなされていました。

「聖職」と言われていた学校の先生のプライドだったのかもしれませんが、子どもに

とっても憧れでした。

 今だって、私のようなおしゃれに関心のある女の子(男の子?)はいるはずです。

毎時間先生を観察しているかもしれませんよ。

華美になる必要はありませんが。先生も もっとおしゃれになってもいいのではないでしょうか?

 

カラーコンサルタント 講師インストラクターコース 終了!

f:id:nabehy:20181111170528j:plain

 カラービジネスにおける講師、インストラクターを目指し、より専門的なスキルを習得する講座が昨日終了しました。

 習い事の1つとしてカラーの勉強を始めて6年。こんなに続くとは、自分のことながら驚いています。

 色の魅力に引き込まれ、毎月の講座を楽しみに勉強をしてきました。

 

 この6年で、パーソナルカラーの認知度が高くなり、私の師匠の先生も毎日、数名の

診断をされる忙しい日々を送っていらっしゃるようです。

 その先生が、たくさんの方を診断をされる中で、今まで習ってきたパーソナルカラーの4シーズンの似合う色も修正が出てきたとおっしゃっていました。

実際に昨日、受講生と一緒に臨床に基づいた色の修正を行っていきました。

 

 何十年もカラーのお仕事をされているプロ中のプロの先生が、今も更に研究されていることに頭が下がります。

 「私も先生のように進化していけるよう 頑張ろう!」と、モチベーションを高める

ことができる1日となりました。

 

11月 連休 快晴なり!☀️

 

 この連休は、福岡は透き通るような雲ひとつない快晴でした。予定のない私も外に出たくなる天気です。

 秋の青空は、思わずシャッターを切ってしまいます。1年前の同じ日にも東京で青空の写真を撮っていたみたいです。😄

f:id:nabehy:20181104193349j:plain

 秋は、木や花が青空のもとでさらに輝いています。

今日は、遠賀川河川敷に咲き誇るコスモスと川面に太陽が光り、美しかったです。

f:id:nabehy:20181104193539j:plainf:id:nabehy:20181104193556j:plain

 近頃、このような自然の風景の美しさ、絵画の美しさに感動することが多くなってきました。カラーリストとしてでしょうか? 

それとも単に歳を重ねてきたからでしょうか?

まあ、どちらにしろ、今日は自然の色を満喫することができました。

 

 最後は、私の家から見える三郡山に沈む夕日です。美しかったです。

f:id:nabehy:20181104193512j:plain

 

パーソナルメイク これからの定番です!

f:id:nabehy:20181027193836j:plain

 メーク講座のブラッシュアップに行ってきました。

4年前のレッスンから、自己流になってきているので、とても良い機会でした。

 

私たちが行っているメークは、「盛る」メークではなく、その人のパーソナルカラーに

合わせた、「ナチュラル」メークです。

ナチュラルメークは、手抜きすることではなく、ファンデーションの色やアイシャドー・チークの色をパーソナルカラーにすることで、ナチュラルかつ透明感のあるメイクに仕上がります。

 

パーソナルカラーを行なった後、メイクを施すと、みなさんの顔がさらに輝きます

標準光の下で合わせているので、屋外でも首との境もほとんどなく、その人本来の美しさが際立ってきます。

自分では、なかなか分からないのですが、このようにたくさんの方とメイクした顔を見比べるとその効果が良くわかります。

 

メイクも少しレベルアップしましたので、実践につなげて行きたいですね。

魔界転生 in博多座

f:id:nabehy:20181021143541j:plainf:id:nabehy:20181021143528j:plain

豪華絢爛!という言葉がふさわしい舞台でした。

 

 福岡ではこれだけの俳優さんが揃うことはなかなかありません。

演出、俳優、衣装、照明どれをとっても素晴らしいもので、4時間近くの公演が

あっという間に過ぎました。

 

 舞台を照らす光が角度や色によって様々な演出をしてくれます。

高いお金を出しても見に行く価値のある作品です。

築地の魚の鮮度は大丈夫?

f:id:nabehy:20181014193059j:plain

連日、築地移転に関するニュースが報道されています。

どこでも引っ越し初日はいろんな問題が起きるのは当たり前なのですが、

築地に関しては、以前からの注目度が大きかっただけに、報道も加熱してしまうのかもしれません。

 

そんな中で、昨日、色彩ベーシック講座に行った際、先生から

築地の「色」に関するニュースを聞かされました。

買い付け業者さんが

「魚の色が違って見える!」と声を上げているというのです。

 

鮮度がわかりにくくなっているという事です。何十万円もするマグロもあるのに大丈夫なんでしょうか?

 

原因はLEDの照明と緑の床の色ではないかと考えます。

LEDはまだまだ安定していませんし、緑の床の上でマグロを見れば

赤身は本来の色より赤く見えるのは当然です。

 

講座の中でこんな話をしながら、「色」「光」が生活の中でいかに

多く関わっているか、改めて実感しました。

実践してこそがパーソナルカラーです!

 夏休みに同僚の先生方のパーソナルカラー診断をさせてもらいました。

暑い中でしたが、皆さんに喜んでもらって私の方が嬉しくなってしまいました。

 

 しかし、そうは言っても、私がアドバイスしたことをどこまで実践してくれるかは別の話です。同僚とは、毎日、学校で顔を合わせ、やはり、ついつい、私自身、無言の服装チェックをしてしまいます。

 その中でも パーソナルカラーやパーソナルイメージを実践してくれている40代の

A先生がいます。

 A先生は、「洋服を買うのが趣味」と言うくらいたくさんの服を持っています。

しかし、ブルーベース、イエローベースの色が混在し、フェミニン、カジュアル、

シック、様々なイメージを着ていました。

私は、今まで、それを口にすることはなかったのですが 以前から一番診断してアドバイスしたい人でした。A先生も診断することになってその事を話してみると

「服があっても 何を着ればいいか困っている」とのことでした。

 

 そんな悩みを持っていたからでしょうか。パーソナルカラー診断後、A先生が一番私のアドバイスを実践してくれています。

 今までは服装の軸が決まらず、言い方悪いですが‥服の方が目立って変に浮いている日があったのですが、最近は自分のイメージに合った服を着てくるので、おしゃれで

とっても素敵です。❤️

 

こんな姿を見るとパーソナルカラーリスト冥利に尽きますね。😃